「ボールの持ち過ぎ」

スポンサーリンク
フットサル

個サルに参加していて、ついつい自分もやってしまうのが「ボールの持ち過ぎ」です。

ドリブルの技術レベルが向上してくると、ドリブルするのが楽しくて夢中になってボールを持ち過ぎてしまいます。

相手ディフェンスを1人かわしてシュートを打てるシチュエーションやドリブル突破してチャンスになりそうな場面であれば、当然ドリブルで仕掛けるべきです。

そういう状況を考えて判断したドリブルであれば、良いプレーの選択だと思います。

ただ、個サルに参加していると「何故?」と思ってしまう「ボールの持ち過ぎ」のフットサラーがいます。

「参加費を払っているから自分のやりたいプレー」をするのは当然の権利だと思いますが、

「個サルには協調性も必要」

という事も忘れないで欲しいなと思います。

今、書いている内容は「ドリブルをするな」という主旨ではありません。

自分が選択したプレーが「チームの為のプレーなのか?」という事を考えて欲しいからです。

ここで相手をかわせればチャンスになるからドリブルを選択したけど、失敗。

これはチャレンジした結果なので、すぐ切り替えてディフェンスしましょう。

ただ、ちょっと困ってしまうのが味方がフリーだったり、パスコースを作る動きをしているのにも拘わらず、パスを出さずにドリブルをするフットサラー。

周りの状況が見れていない感じれていない時もありますが、何回も繰り返してしまうとチームメイトもしらけたりするので、雰囲気を感じてプレーの修正をしましょう。

もっともたちが悪いのが、そういう雰囲気もお構い無しに、ずっと「コネコネ」するフットサラーです。

カウンターのチャンスを潰してしまったり、自陣ゴール前で「コネコネ」して相手にボールを奪われて失点してしまうパターン。

「コネコネ」して、失点に繋がっても笑いが起こる和やかムードの個サルなら良いですが、失笑を買っている場合もありますので、自分も気を付けたいですね。

「ボールの持ち過ぎ」には注意!

I hope you enjoy it


フットサルランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました